お問い合わせ メニュー

CASE

事例詳細

ジオマーケティングってどんな商品やサービスに有効?【手法やポイント】

皆さんはジオマーケティングって知っていますか?
ジオマーケティングは現在位置や気候などの情報を活用して行うマーケティングのことです。ただ、ジオマーケティングといっても難しいですよね。今回はジオマーケティングの効果的な活用方法や活用事例をご紹介して行きます。

ジオマーケティングとは

ジオマーケティングとは上記でもお話しましたが、気候や場所などのデータを取得して行うマーケティングで別名「地理的マーケティング」とも呼ばれます。

このような概念は古くからあり、エリアマーケティング、位置情報マーケティング、商圏調査などさまざまな呼び名ではありますが、情報収集がわかりやすくできるようになたり、消費者との距離が近くなったことで、再び注目されるようになりました。

ジオマーケティングの情報収集方法

接続先の位置情報を取得するには、パソコンからはインターネット上のIPアドレスを使用します。また、スマートフォンからはGPSや最寄りの基地局などの情報をもとに大まかな地域の特定します。

当然ですが個人情報保護の関係で、ユーザーが特定できる情報は取得されていません。

ジオマーケティングで得れる情報

ジオマーケティングでは様々な情報を収集することができます。以前ではつながっていなかった現在地の天気情報や場所ごとのグルメの情報などがデジタルに移行してきたため簡単に情報同士を繋げやすくなったのです。

  • 気候(天候や暑さ、寒さ)
  • 現在地

ただ、情報を得るだけでは意味がありません。その得た情報を利用していくことこそがジオマーケティングの真骨頂です。

ジオマーケティングを行うことのメリット3つ

ジオマーケティングを行うことでのメリットは3つあります。

  • ピンポイントでのターゲティングができる
  • 行動や趣味嗜好がわかる
  • コスト削減になる

ピンポイントでのターゲティングができる

今、ここにいることがわかることでピンポイントでのターゲティングができるのは、ジオマーケティングの大きなメリットです。

例えば現在地や今から行く場所で「雨が降る」という天気予報になっていた場合、「傘の販売をしている」という広告がでたり、夏の暑い日にアイスの特売などの広告がくれば購入したくなるでしょう。その場所にいるということで目的や今の状態もわかりやすくなるため、ピンポイントのターゲティングが有効となるでしょう。

行動や趣味嗜好がわかる

また、ターゲティングを行うには趣味嗜好や行動を知ることが必要ですが、人間の行動範囲がわかれば何を好きなのかがよりわかりやすくなります。そのため、この行動をしている人はどんなものを好きなのかも見えやすくなるため、細かいターゲティングを行うことにも役立つでしょう。

ジオマーケティングでは現在地だけでなく、その人がいった場所も蓄積されていくので例えばあるバンドが好きで各地を飛び回っている人には旅行に関してやホテルに関しての好みのログもたまりますし、そこに購入履歴などの別の情報と組み合わせられるのでより、よりよい情報を収集できるのです。

コスト削減になる

ジオマーケティングは場所限定で広告を打つ際にも使用できるので必然的に広告を打つコストが低くなります。また、ターゲットも絞り込みができるため、詳細なターゲティングを行うこともできます。

ジオマーケティングのポイント

ジオマーケティングを成功させるにはポイントが3つあります。ここではジオマーケティングのポイントをご紹介していきます。

  • タイミング
  • フィーリング
  • ハプニング

・タイミング
「タイミング」こそが、ジオマーケティングを成功させる一番のポイントでしょう。その場所で欲しているものは何かを気候や場所から考えることで「今、ほしいもの」をピンポイントで売ることができるでしょう。

・フィーリング
これは、広告内容に対する「好感度」と考えられるようです。
凍えそうな寒い日にアイスやかき氷のようなものを出しても買うことは少ないですし、自分が必要ないと思っている時に車の広告を出されてもただただ「ウザい」だけでしょう。
「ウザい」認定されないようにするにはタイミングもそうですが、フィーリングが必要になるでしょう。

・ハプニング
「ハプニング」とは一旦何でしょうか?ここで起こるハプニングは意外性ととらえたほうがわかりやすいかもしれません。一見つながりはなさそうですが、その場所にいる人の嗜好性を把握していたらおすすめのカフェなどを紹介してくれたり、自分ひとりでは知らない情報などを提供してくれる場合もあります。

そのため、うれしいハプニングをすることがジオマーケティングのポイントといえるでしょう。

ジオマーケティングまとめ

ここまででジオマーケティングの説明をしてきましたがいかがだったでしょうか。ジオマーケティングは地域の飲食店や小売店と密接につながることでより、相乗効果が得られるのでぜひやってみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になれば幸いです。


お問い合わせ >