メール
電話

Cinema4DとAfterEffectsでレンズフレアを効果的に使う方法

2020.01.23

今回の作品はほぼCinema4Dで作られています。
果たしてこれはもうモーショングラフィックスなんでしょうか。
Cinema4Dでレンダリングした段階で、ほぼ画が完成しているということは案外少なく、何かしらAfterEffectsで質感付けなどのコンポジット作業を行っています。
今回はその部分の紹介を行います。

今回の動画

コンポジット作業を行う

まず、Cinema4Dでレンダリングした段階ではこのような状態になっています。
アルファ付きでレンダリングしているため、オブジェクト以外の部分は透過されています。

最初に背景を置きます。

背景には、ライティングに使用したHDRIをそのまま使用しています。

太陽の位置にレンズフレアを追加します。
レンズフレアには、VideoCopilot様のOptical Flaresを使用しています。

そして、Optical Flaresの設定にある、Foreground Layersに3Dオブジェクトのレイヤーを指定します。
これによって、オブジェクトが太陽の前に来たとき、光が遮られてレンズフレアが無くなります。

次に、以前にも紹介した色収差を追加するエフェクト、Kikaku様のChromatic Aberrationを追加します。

効果は控えめにしていますが、こういった3DCG系のものを作るときはほぼ必ず色収差を追加しています。

最後に MojoⅡでカラーコレクションを調整

最後にカラーコレクションです。
カラコレにはMagic Bullet様のMojoⅡを使用しました。

今流行りの、ティールアンドオレンジと呼ばれる補色同士を強調するカラコレが得意のプラグインです。

この作品では使用していませんが、私がコンポジットで最後によく追加するのはノイズです。

標準エフェクトのノイズやグレイン、Magic Bullet様のRenoiserなどのノイズ・粒子追加系のエフェクトを使って、作品全体にノイズをほどよく追加します。

そうすることで、現実の映像に近い質感や、フィルム風の演出が可能です。

やりすぎるとザラザラしすぎたり画質が低下する恐れがありますが、本当にうっすらかけると良い質感が生まれます。

また、アンシャープマスクなどのシャープ系のエフェクトを追加するのも、作品がパキっと引き締まって良いと思います!

今回の紹介は以上です!

もはやモーショングラフィックスの解説ではありませんでしたが、コンポジット作業とは言うものの、モーショングラフィックスなどの映像作品にも十分応用が利く仕上げ方法になっています。

モーショングラフィックスにもさまざまな種類、雰囲気の作品がありますので、然るべき仕上げかたをしていただけたらと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

Kazutoshi Hase
Kazutoshi HaseRABBIT CREATIVE, inc. CEO
大学在学中に動画制作を始める。外資系製薬会社でセールス・マーケティングを学んだ後、Love it(大好き)こそが、Creative(価値を生む)という信念を持って、RABBIT CREATIVE, inc. を創業。「人生を変える可能性を、世界へ届ける」というミッションを掲げ、強くて優しい仲間とともに、日本一の動画マーケティング企業を目指している。
採用動画マーケティング

サイト内検索

最新お役立ちコンテンツ

INTAKU
inmoov
イチゴウェディングフィルム

©2019 RABBIT CREATIVE Inc. All Rights Reserved.