メール
電話

Cinema4DとAfterEffectsを使った泡の作り方

2020.01.21

今回のモーショングラフィックスは泡が漂っている作例です。

この作例では自分の好きな色合いにすることにこだわりました。
この時ハマっていたのがこのような高級感のあるオレンジと宇宙のようなグレーよりの藍色の組み合わせです。

今回の動画

モーションを解説

コンポジットの際のカラコレで色を整える方法もありますが、今回はCinema4Dの時点でライトに色をつけていました。

泡に映り込んでいるHDRIによるIBLと無限遠ライトでライティングしています。

泡は球体をクローナ―で複製し、メタボールでくっつきます。

AfterEffectsではまず被写界深度を追加し、カラコレをしてモーションブラーと色収差を追加しています。

そして最後に泡をキラキラさせるため、グローをかけています。

かなり薄くParticularで小さな泡も発生させています。

Cinema4Dの時点でしっかりライティングをしておいたおかげで、そこまでしっかりカラコレしなくても、十分見れる画になりました。

やはり3DCGで質感やディテールを確保したいときは、マテリアルやライティングを丁寧に作りこまないといけませんね……

今回の紹介は以上です!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

Kazutoshi Hase
Kazutoshi HaseRABBIT CREATIVE, inc. CEO
大学在学中に動画制作を始める。外資系製薬会社でセールス・マーケティングを学んだ後、Love it(大好き)こそが、Creative(価値を生む)という信念を持って、RABBIT CREATIVE, inc. を創業。「人生を変える可能性を、世界へ届ける」というミッションを掲げ、強くて優しい仲間とともに、日本一の動画マーケティング企業を目指している。
採用動画マーケティング

サイト内検索

最新お役立ちコンテンツ

INTAKU
inmoov
イチゴウェディングフィルム

©2019 RABBIT CREATIVE Inc. All Rights Reserved.