メール
電話

Cinema4DでAfterEffectsのようなシェイプモーションの作り方

2020.01.21

今回のモーショングラフィックスはこちらです。
若干ネタ切れ感が否めないですが、 参考になれば幸いです。

今回の動画

モーションを解説

Cinema4Dでこんな感じのモーションを作り、無限遠ライトを回転させて地面に落ちるオブジェクトの影を回転させています。

Cinema4Dでのレンダリングの段階ではこんな感じです。
AfterEffectsではまず書き出したシーケンスに和紙のようなテクスチャを乗せています。

円のシェイプを調整レイヤーに設定し、トランスフォームエフェクトで回転をかけることで、不思議な感じになっています。

最後にライトリークの素材を乗せて色をつけています。

Cinema4Dで AfterEffectsのようなシェイプモーションを作る練習として制作しましたが、オブジェクトが消える処理をスケールを0にする方法でした結果、影がいきなり消えるため違和感が出てしまいました。

影がある場合はマテリアルの透過などを使うのもいいかもしれません。試してないのでわかりませんが…

また、オブジェクトの幅や一部のスケールだけでなく、X,Y,Zすべてのスケールを0にすることで影がどんどん小さくなっていくと思います。

今回の紹介は以上です!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

Kazutoshi Hase
Kazutoshi HaseRABBIT CREATIVE, inc. CEO
大学在学中に動画制作を始める。外資系製薬会社でセールス・マーケティングを学んだ後、Love it(大好き)こそが、Creative(価値を生む)という信念を持って、RABBIT CREATIVE, inc. を創業。「人生を変える可能性を、世界へ届ける」というミッションを掲げ、強くて優しい仲間とともに、日本一の動画マーケティング企業を目指している。
採用動画マーケティング

サイト内検索

最新お役立ちコンテンツ

INTAKU
inmoov
イチゴウェディングフィルム

©2019 RABBIT CREATIVE Inc. All Rights Reserved.