メール
電話

Cinema4DのMoGraphを使ってマテリアルを作ってみた

2020.01.21

この作品はCinema4DのMoGraphを使用したもので、動き自体はかなり簡単に作ることができます。

こだわった点はこの回転している赤い板のマテリアルです。

金属風の材質で、光の反射がキレイに映るように調整しています。

ライティングは、撮影スタジオ内のHDRIを使ったIBLです。

今回の動画

動画を解説

赤い板をクローナ―で複製し、簡易エフェクタで1回転させます。

簡易エフェクタの減衰の形状は線形にしています。

今回はCinema4Dでのレンダリングの時点で画がキレイに仕上がっていたので、AfterEffectsでの作業は被写界深度とモーションブラーを追加するだけで済みました。

かなりシンプルですが、ライティングや背景にHDRIを使っているため、そこそこフォトリアルな描写が出来たと思います。

マテリアルの練習としての作品だったので、好みの金属感も出せてよかったです。

HDRIはフリーでも十分使えるものが配布されていますので、ぜひ使ってみてください。

今回の紹介は以上です!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

Kazutoshi Hase
Kazutoshi HaseRABBIT CREATIVE, inc. CEO
大学在学中に動画制作を始める。外資系製薬会社でセールス・マーケティングを学んだ後、Love it(大好き)こそが、Creative(価値を生む)という信念を持って、RABBIT CREATIVE, inc. を創業。「人生を変える可能性を、世界へ届ける」というミッションを掲げ、強くて優しい仲間とともに、日本一の動画マーケティング企業を目指している。
採用動画マーケティング

サイト内検索

最新お役立ちコンテンツ

INTAKU
inmoov
イチゴウェディングフィルム

©2019 RABBIT CREATIVE Inc. All Rights Reserved.