メール
電話

AfterEffectsでズームを使ったガラス片モーショングラフィックスの作り方

2020.01.21

今回はズームを使用した作例をご紹介します。
ズームはいろいろ応用が効くエフェクトですので、覚えると表現の幅がぐっと広がるかと思います。

今回の動画

ズームを使ってガラス片のような効果を作る

前提として周りのキラキラしているものやガラス片はCinema4Dで作られています。

中央の08はAfterEffectsで配置しています。

全体的にガラス片が浮いてたり動く光源があったりするので、08もガラスのみたいにしようと思いました。

いろんな方法があると思いますが、今回はズームを使いました。
08と書いたテキストレイヤーにそのままズームを追加します。

設定はこんな感じです。
ですが、このままだと08が増えているだけで、ガラスには見えません。

今回は背景に映るものを08の形にズームしたいので、テキストレイヤーを調整レイヤーにします。

実はテキストレイヤーでも平面レイヤーでもシェイプレイヤーでも、このスイッチを入れると調整レイヤーと同じ働きをします

この機能を知らない人は結構多いんじゃないでしょうか。私は初めて知ったとき感動しました。

この機能を活用することで、かなり表現の幅が広がると思います。

今回の紹介は以上です!

AfterEffectsには相変わらずさまざまな機能が隠れています。もちろん私もまだまだ知らないものだらけです!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

Kazutoshi Hase
Kazutoshi HaseRABBIT CREATIVE, inc. CEO
大学在学中に動画制作を始める。外資系製薬会社でセールス・マーケティングを学んだ後、Love it(大好き)こそが、Creative(価値を生む)という信念を持って、RABBIT CREATIVE, inc. を創業。「人生を変える可能性を、世界へ届ける」というミッションを掲げ、強くて優しい仲間とともに、日本一の動画マーケティング企業を目指している。
採用動画マーケティング

サイト内検索

最新お役立ちコンテンツ

INTAKU
inmoov
イチゴウェディングフィルム

©2019 RABBIT CREATIVE Inc. All Rights Reserved.