メール
電話

AfterEffectsのCC Kaleidaエフェクトを使ってサイバーな3Dモーションを作成

2020.01.21

サイバーな感じのモーショングラフィックスってカッコいいですね。
今回のモーショングラフィックスは以前、ループしている作品に挑戦しようと思って初めて作った時の作例です。
この動画は3D空間上のモーショングラフィックスですが、Cinema4Dは使用しておらず、すべてAfterEffectsで作成しています。
なるべく AfterEffects だけで完結させたいという方にお勧めです。

今回の動画

エフェクトを使う複製・背景/床を作る

床の部分には、カラフルな円のモーショングラフィックスが一面に広がっています。
複雑に見えますが、この作品に使われているモーションは一つの円モーションだけです。
途中で浮かび上がってくる円がその一つです。

この作品では、円を複製するときにCC Kaleidaというエフェクトを使っています。
CC Kaleidaは万華鏡のような効果を追加するためのエフェクトですが、この作品のように、シェイプレイヤーを様々な規則で複製することができます。
この作品ではさらに複雑にするために、レイヤーを3つに複製し、それぞれに設定の異なるKaleidaをかけ、レイヤーの合成モードを変更しています。

エフェクトや合成モードをいろいろいじってみると、予想外の形や面白いものが出来たりします!
気軽にディテールアップしたい時は、このようなエフェクトを使ってみるのも良い方法だと思います。

今回の紹介は以上です!

一見複雑そうに見えるモーショングラフィックスでも、分解していくと案外単純なものだったりします。

ディテールアップとして複製は基本的な方法ではありますが、複製元のパーツ自体のディテールも大切なので、細かいところも丁寧に作っていくと、よりクオリティの高いモーショングラフィックスになると思います!

工夫を凝らしてより素敵なモーショングラフィックスを作りましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

Kazutoshi Hase
Kazutoshi HaseRABBIT CREATIVE, inc. CEO
大学在学中に動画制作を始める。外資系製薬会社でセールス・マーケティングを学んだ後、Love it(大好き)こそが、Creative(価値を生む)という信念を持って、RABBIT CREATIVE, inc. を創業。「人生を変える可能性を、世界へ届ける」というミッションを掲げ、強くて優しい仲間とともに、日本一の動画マーケティング企業を目指している。
採用動画マーケティング

サイト内検索

最新お役立ちコンテンツ

INTAKU
inmoov
イチゴウェディングフィルム

©2019 RABBIT CREATIVE Inc. All Rights Reserved.